チャンピオン(CHAMPION):スポーツシューズ、服などの製造販売

チャンピオン(CHAMPION)

チャンピオンは1919年、ニューヨーク州ロチェスターで誕生し、優れた運動性能と耐久性を誇る、「スウェットシャツ」が米軍学校の訓練用ウェアに採用されました。
以後、チャンピオンは、カレッジやプロのアスリート達に育てられ、全幅の信頼を獲得してきました。常にアスリートの立場で考え、新しいものを追求する精神(=Champion 1st)をウェアに宿してきました。
“自分の目標に向かって汗を惜しまない”そんなアスリートの思いを実現する為に“常に最高のスポーツウェアづくりにこだわりたい” これがチャンピオンの原点であり、信念なのです。

● championの歴史
チャンピオン(CHAMPION) ● 1919年誕生
創業者サイモン・フェインブルームが、のちにチャンピオン社となる"ニッカーボッカー・ニッティング・カンパニー"を設立。アメリカニューヨーク州ロチェスターを拠点に構え、主にセーターの販売を手がける。

● 1920年誕生
創サイモンの没後、その息子のエイブ&ウィリアム・フェインブルーム兄弟が「チャンピオン・ニッティング・ミルズ社」として社業を受け継ぐ。当初彼らはTシャツやソックス、スウェットシャツの原型であるウールの下着を、屋外労働者の防寒用として販売していた。これがやがて米軍アカデミーの訓練用ウェアに採用される。

● 1924年誕生
大学としては最初の顧客、ミシガン大学とのビジネスが始まる。彼らは、当時高価だったアスレチックウェアを高品質かつ手頃な価格で販売しているチャンピオン社に目をつけ、スウェットシャツを採用した。これが評判になり、以後はコーチからコーチへ口コミで全米の大学に広がっていく。ここから"One Coach Tells Another"というスローガンが生まれた。

● 1928年誕生
大学としては最初の顧客、ミシガン大学とのビジネスが始まる。彼らは、当時高価だったアスレチックウェアを高品質かつ手頃なチャンピオン(CHAMPION)価格で販売しているチャンピオン社に目をつけ、スウェットシャツを採用した。これが評判になり、以後はコーチからコーチへ口コミで全米の大学に広がっていく。ここから"One Coach Tells Another"というスローガンが生まれた。

● 1930年誕生
Tシャツやスウェットシャツにナンバーや大学名をプリントするレタリング加工を開発。「体育の授業で生徒に貸し与えていたウェアを管理回収する」という大学側のニーズに応える事が目的だった。同時に、それまで下着として考えられていたTシャツがアウターとして着られるきっかけとなる。

● 1935年誕生
サム・フリードランドによって"リバースウィーブ"が誕生する。 スウェットシャツを洗うと縮むというクレームを解決するために、縦に織っていたコットンを横向きに使用する事で縮みを防いだ、画期的な発明。同年、チャンピオンは大学のブックストア(生協)においてTシャツの販売を開始。

● 1938年誕生
リバースウィーブが製法特許を取得。チャンピオンの革新的な改善とアイデアは多くのファンを増やしていった。

● 1939年誕生
海軍からの依頼により、訓練用に表と裏の異なる「リバーシブルTシャツ」を開発。記念すべき第1号は、海軍のチームカラー、ネイビーとゴールドだった。



Asics New Balance SPEEDO(スピード) MUSASHI(ムサシ) KENTAI(ムサシ) SOFTOUCH(ソフタッチ) DANDM(D&M) MOLTEN(モルテン) REDSON(レッドソン) CHAMPION(チャンピオン) SPEEDWIN(スピードウィン) LEAGSTAR(リーグスター) KUSAKURA MITSUBOSHI(ミツボシ) HATCERY(ウイニングワン) ELLESSE SANWATAIKU(サンワタイク)