フットサル シューズの特徴と選び方

● フットサルシューズの紹介
本来フットサルは、体育館やウレタン床の敷かれた室内で行われるもの。
そのためフットサルシューズは、床を傷つけない汚さないように、無色のゴムで底が平らにできた専用シューズになっています。
現在はフットサルの普及とともに、競技用だけでなく形も色も多種多様で、ファション性が高いおしゃれ用のフットサルシューズまで出ています。
● フットサルシューズの選び方
● フットサルシューズに1番に求められるものはフィット感です。
ぴったりに履くのが良いとされていますので、両足で履いて前に踏ん張ってみてフィット感を確かめてみましょう!

● 基本的に自分の足に合ったフットサルシューズを選びましょう。
日本人は欧米人よりも甲高で幅広の足をしています。メーカーによって甲の高さや幅の広さは異なっていますから、メーカにこだわらず履く足にぴったりのシューズを探すことが必要なのです。
メーカーによって甲の高さや幅の広さが異なっていたりと微妙に形状の特徴も違うので、フットサルシューズを選ぶ時はいろいろと試し履きをしてみるのがいい。

● フットサルは激しく動くスポーツなので、とにかく履いていて疲れにくいシューズを選びたいです。
人工皮革と天然皮革の違いなんかも履き比べてみましょう。
天然皮革のカンガルーなどは高価なこともあり、クリーム等で履きやすく手入れすれば、かなりフィットしてきて、最高のパフォーマンスが発揮できますよ。
● アッパー素材の違い
● 天然皮革の特徴:「足になじむ」「通気性がある」「耐久性がある」「型崩れする」「濡れる」「水に弱い」「高価」
革の種類によっても違いますが、天然皮革のフットサルシューズはある程度伸びるのが普通です。そのため、余裕があるよりは気持ちきつめがジャストフィットの目安です。よってある程度使い込むと足になじむ感覚です。

● 人工皮革の特徴:「型崩れしにくい」「水がしみ込みにくい」「軽い」「なじみにくい」「通気性が悪い」「安価」
天然皮革と違って人工皮革はほとんど伸びませんので、フットサルシューズを試し履きした時の感覚が比較的続きます。 ですから、型崩れしにくいことになります。