野球 シューズの特徴

● アッパー(甲の部分)の特徴
: 野球の試合ではプロ・アマチュアや硬式野球・軟式野球を問わずスタッド(“鋲”。形状は歯、爪、疣など)のあるスパイクを着用する。
天然皮革・合成皮革・合成樹脂などでつくられている。
競技の特性上、スライディング・投球・打撃動作で地面との摩擦が多いため他の競技に使われるシューズと比較してアッパーの耐久性を重視した造りになっているものが多い。

● ソールの種類と特徴
金属スタッドシューズ、合成樹脂スタッドスパイクシューズ、合成樹脂マルチパーパススタッドシューズなどが主な種類として存在しており、グラウンド状況・グラウンド規定・大会規定・所属団体などによって使い分ける。

● 金属スタッドスパイクシューズ:
主に鋼材やチタン製の歯をソール面に配置した、最も伝統的な野球用スパイクシューズの形である。主に土や天然芝のグラウンドで強いグリップ力が発揮される。人工芝のグラウンドでは金属製の歯が地面をとらえにくいため滑りやすい。日本製の金属スタッドスパイクシューズではスタッドを交換できるものが多く、樹脂製の交換用スタッドをオプションとして用意しているものも多数存在する。グリップ力を改善するため近年では9本歯・11本歯など歯の数を単に増やすだけではなく、スタッドの配置形状を各メーカーが独自に研究をしていてプレースタイルに応じて様々な形状のものが販売されている。 スタッドを接合するソールには合成樹脂と天然皮革を使用したものが存在する。高校野球では天然皮革製ソールが多く使用され、プロ野球では軽量な合成樹脂製ソールが多く使用される傾向がある。北米ではレベルを問わずほぼ合成樹脂製ソールのものが使われている。ソールとスタッドの接合には釘打ち留め・リベット留め・ねじ留め・交換不能な直付け埋め込み式があり、方式によって消耗したスタッドの交換方法が異なる(ねじ留めなら自分で交換出来るが、釘やリベットの場合はメーカーのメンテナンス担当に送らなければならない。直付け埋め込みの場合は靴ごとお役御免となる)。

● 合成樹脂マルチパーパススタッドシューズ:
弾力があって滑りにくい硬質ゴム素材でつくられたイボ状のスタッドでソール全面が覆われており、人工芝で強いグリップ力を発揮する。天然芝ではある程度のグリップ力を持つが、土のグラウンドでは土がスタッドの間につまりやすく滑りやすい。またトレーニングシューズやアップシューズとも呼ばれ、軽めの練習用シューズとしても使われる。プロ野球や高校野球などではよりパフォーマンスを追求する目的で、上記の金属スタッドのものと守備と攻撃で履き替えながら使用することがある。そのためアッパーが紐締めではなく脱着の容易な面ファスナーでつくられているものが多い。これは人工芝の野球場でも打席、マウンド、ベース周辺は土に似たアンツーカーでつくられていることがほとんどであるため(ダートサークルという)、攻撃時に金属スタッドスパイク、守備時には人工芝用のマルチパーパススタッドシューズとすることによりグラウンドの特性に細かく適応するためである。 ● 合成樹脂スタッドスパイクシューズ:

硬質なプラスティックなどでつくられている。土・天然芝・人工芝のどれでも対応できる万能性があり、重量も金属スタッドのものに比べて軽く、クッション性も考慮されており体に負担がかかりにくいという利点がある。土や天然芝のグラウンドでは金属スタッドのスパイクシューズと比較するとグリップ力が劣る。
● スパイクの種類と特徴
● 革底スパイク
最大の特徴は、軽さである。
天然皮革を使用しているので、新しい時は硬いが、使用を重ねて行くと足型に馴染んでくる。
釘式装着の為、自分で金具交換する事が出来ないのが、デメリットである。
摩耗強度などの耐久性に劣る。

● ウレタン金具スパイク
ソールは革底と比較して耐摩耗性、耐水性等の耐久性がある。
ソールはデザイン加工性に富み、金具交換が自分で出来る利便性がある。
革底より重量が重い。

● ポイントソールスパイク
ウレタン金具と比較して、スパイク部品が無い分、軽量で使用上も安全である。
反面、グリップ力(土をつかむ力)に劣る。
ソールはデザイン加工性に富む。
固定式スタッドタイプは摩耗により減ってくると商品として寿命となる。

● ラバーソールスパイク
スパイクと比較して、突き上げがなく足が疲れにくい。また使用中の安定感も高い。
従来は、丸型のマルチスタッドが主流であったが、最近では人工芝でも使用でき、ランニングを含むトレーニング時も兼用できるフラットタイプソールの二通りがある。